家づくり7つのこだわり

 

「一棟入魂」こだわりの家づくり

カーペンターホーム職人集合写真

 「俺たち大工は、一生懸命働くことしかできない。そして木と過ごしている時間がとても楽しい!」 一緒に仕事をしている棟梁がおっしゃっていた言葉です。
 木は正直です。ちょっとでも手を抜けばそっぽを向く。手をかけてやればちゃんと言うことを聞く。自分の子供みたいなものです。この家で、これから暮らしていく家族が幸せになるようにと願いながら1棟1棟大切にお造りしています。
 ですから、完成してその家から離れる時はちょっと寂しい気持ちになるものです。私たち地元工務店がつくる家は、「熟練の棟梁がつくる家」です。

 こだわり

【徹底的なコストカットで、いい家をお値打ち価格でご提供!】

 
工夫その1
 
広告費の削減
広告・情報誌・HP等を自社製作しているので、外注委託費や広告費が最小限に抑えられています。
工夫その2
 
展示場の廃止
モデルハウスには、建築費、光熱費、人件費、展示場参加費等多くの固定費が掛かります。これら費用は、建てる方にそれぞれ営業経費として負担が強いられていますが、当社ではこれら費用が一切ありません。
工夫その3
 
営業マンの廃止
営業マンがいないので、一般的に言われている歩合や報奨金など余計な人件費を掛けていません。 
工夫その4
 
住設の一元化
設計と建築の両方を自社で行っている為、設計料や管理コストが大幅にカット出来ています。 
工夫その5
 
施工エリアの限定
地域密着で施工エリアを限定し、交通費など現場管理のコストや施工費並びにアフターメンテナンス費用の削減に繋げています。

 こだわり

【お預かりしている大切な家だからこそ、建築中の現場管理は徹底的に!】

徹底その1
 
現場の清掃
工事中の室内の清掃は、業者毎その都度実施しする様に徹底しております。ごみは専用の袋に入れ、廃材回収のコンテナに集約し飛散しない様にしています。また、仮設のトイレの清掃はもちろん、臭い等の配慮から敷地内の配置も考慮しております。
徹底その2
 
近隣への配慮
工事が始まる前には、必ず現場近隣へご挨拶させて頂いております。工事中は、騒音や車両の出入り等で現場近隣の方々にはご協力頂いておりますが、作業時間を原則8時から18時までと定め、日曜日は基本休日とさせて頂いております。また、現場進入道路の泥汚れなどがあった場合は速やかに対応しております。
徹底その3
 
材料の管理
現場へ搬入される材料は、お客様からお預かりしている大切なものです。現場の戸締りや盗難防止はもちろん、外に置く物は雨ざらしにならない様にブルーシートで覆い飛ばされない様に処置を施しています。
徹底その4
 
現場の養生
建築中、仮説の足場にはごみの飛散防止等を踏まえ、養生のネットを張る様にしております。また、建物廻りには養生のシートを敷き詰め、建物の泥汚れ防止とビスやごみなどの回収に注意を払っております。

 こだわり

【一級建築士で元大工の社長だからこだわる品質と材料選び!】

品質その1
 
 
カーペンターホームのこだわり国産桧柱を使用
柱には、丈夫で防虫効果もある国産の桧(ひのき)120mm(4寸角)を標準で使用。材料は、すべて地元小美玉市で長年木材を扱っている”前川林業”様より仕入れしています。
品質その2
 
 
カーペンターホームのこだわり一本一本材料の選別
束で搬入される木材の中には、反りやねじれと言った木材特有の現象で家の材料に適さないものもあります。それらを現場搬入時、一本一本検査し間引いています。
品質その3
 
耐震等級3
 
カーペンターホームのこだわり2F剛床構造
柱や梁など構造材全てに、割れやねじれの少ない乾燥材を標準使用。2Fの床には、地震の横揺れに強いと言われている剛床構造を採用し、東日本大震災での自社全棟無料点検でも安全が実証されています。
品質その4
 
省エネ性能
 
カーペンターホームのこだわり高断熱窓サッシ
高気密高断熱に対応した高性能な断熱材の使用や気密試験の実施、並びに最も熱損失が大きいとされる窓サッシにLow-e(高断熱)複層ガラスを採用し、冬暖かく夏涼しい快適省エネ住宅を実現しています。
品質その5
 
シックハウス対策
 
カーペンターホームのこだわりシックハウス検査
発がん性とシックハウス症候群の原因となる有害物質”ホルムアルデヒド”の室内の濃度検査をお引渡し前に全棟実施し、基準値を下回る平均0.01ppmを測定しています。また、使用する建材や塗料や接着剤も含有量が基準値以下の上位等級(F☆☆☆☆)のものを使用し施工しているので安心です。※WHO(世界保健機構)と厚生労働省で定める基準100マイクログラム/立方メートル (0.08ppm)以下

 こだわり

【安心の住まい保証制度と365日24時間SOS対応!】

住宅瑕疵担保責任保険

 
有限会社オカザキ瑕疵担保責任保険事業者届出証有限会社オカザキ瑕疵担保責任保険事業者届出証
(事業者届出証) 

検査を受けた全ての物件が、保険付き住宅となります。(保険期間:お引き渡し後10年)
全ての検査に合格した後、保証機構が発行する付保証明書をお渡しします。保険の対象は主に雨漏りや躯体構造部になりますが、上記保険の対象外の箇所につきましては当社規定により個別に対応させて頂いております。また、緊急時つきましては、365日24時間体制で一次対応を実施しております。


地盤調査/地盤改良工事

スウェーデン式サウンディング試験地盤調査の様子スウェーデン式サウンディング試験地盤調査の様子
 
地盤改良工事の様子地盤改良工事の様子

全棟全てに地盤調査を実施致します。
建物の重みに耐えられるか地面の中を調査し、軟弱地盤の場合は地盤補強工事をご提案させて頂いております。
いくら建物が耐震構造で頑丈でも、地盤が悪く建物が傾いてしまっては元も子もありません。
 
調査時は、出来る限り立ち合いをお願いしております。その後、調査会社からのデーターを元に工事の有無等ご説明させて頂きます。また、瑕疵担保責任保険におきまして、地盤改良工事が必要と判定された場合は必須工事となります。


基礎配筋時検査

住宅保証機構配筋検査立ち合い住宅保証機構配筋検査立ち合い
 
ベタ基礎立ち上がりアンカーボルト設置の様子ベタ基礎立ち上がりアンカーボルト設置の様子

 基礎は、床下環境が最も安心のベタ基礎が標準工事です。
湿気対策として、砕石をビニールシートで覆いその上に配筋していきます。床スラブ筋は、D13の鉄筋を25cm間隔で配置します。
公的機関の検査後コンクリートを流し、基礎立ち上がりにアンカーボルトを設置していきます。


シロアリ対策

防蟻処理の薬品を塗る様子
 
建物外周GLより1m防蟻処理建物外周GLより1m防蟻処理

 家の大敵「シロアリ」は湿気を好みます。
対策として、床下環境が快適な「ベタ基礎」+床下全方向通気の「土台パッキン」+シロアリを寄せ付けない「注入土台」+地面より高さ1mまで家の外周の柱に「防蟻処理」を施しています。また、使用している構造柱のヒノキには防虫効果があります。


上棟後検査

住宅保証機構中間時検査立ち合い住宅保証機構中間時検査立ち合い
 
住宅保証機構中間時検査立ち合い住宅保証機構中間時検査立ち合い

 建物上棟後、構造材、必要な耐震壁や耐震金物が設計図通りに施工されているかを公的機関にて検査します。
また、構造材に水分が多く含んでいると、乾燥材に比べて強度が著しく低下してしまいますが、全て乾燥材を使用しております。


完了検査

建物完成時室内完了検査の様子建物完成時室内完了検査の様子
 
建物完成時完了検査配置の確認建物完成時完了検査配置の確認

 工事が全て終了すると、公的機関にて完了検査を行います。
検査内容は、建物の配置、火を使う部屋の仕上材、階段手すりの高さ、シックハウス対策の吸排気、火災報知機の設置などチェック項目は多岐にわたります。合格すると検査済証が発行されます。
 


 こだわり

【5つの安全対策】

お子様がドアや引戸を閉めた時指を挟めない為に、ゆっくり閉まるソフトモーション機能を標準搭載。また、指が挟まらない様に閉じる部分を丸くした折り戸の採用で安全にご使用頂けます。

壁と床の境にある幅木の角を保護材でカバー。また、対面キッチンにあるカウンターの角を丸く加工するなど衝突によるケガの防止対策が施されていて安全です。

屋根瓦には雪止めが装備されていて、積雪の落下によるケガや雨どいの損傷防止対策がされていて安全です。(2階建て仕様のみ標準)

設計の段階から安全面に考慮し、ドアの開閉の向きや階段との干渉など人の交錯がない様に設計されていて安全です。また、ドアの位置によるスイッチの位置など使い勝手にも配慮しています。

全室バリアフリー対応で、つまずきによる転倒の防止がされていて安全です。その他、出来るだけ廻り階段を採用し、緩やかな勾配による昇降の負担軽減と直通落下を最大限抑えた対策がされています。

 こだわり

【5つの安心対策】

最もメンテナンス費用が掛かる壁と屋根の材料には、メンテナンスフリーでセルフクリーニング効果のある外壁材(窯業系サイディング)と屋根からの雪落下対策を施した三州陶器屋根瓦を標準装備しているのでアフターも安心です。

荷物が多くても安心の部屋数プラスワンの充実収納設計。トイレは、2箇所設置が標準仕様(2階建て)なので急な故障時でも対応可能です。また、全室LED照明付きで開閉できる全窓網戸付きで安心です。

プライバシー配慮した透過性の低いミラーレースや遮光のカーテンが選べて安心です。また、全室LED照明付きで開閉できる窓全てに網戸が付くので住んでからも安心です。

カラー選択はもちろん高さも自由に決められるキッチンは、お手入れ簡単なレンジフードや人造大理石天板・シンクおよび食器棚のセットなど標準装備しています。また、キズのつきにくいキャスター対応のワックスレスフロア採用など、オプションがいらない充実仕様で安心です。

東日本大震災後の屋根上から床下までと傾きを調べるレベル測定により、安全が実証された耐震性125%の長期優良住宅対応の設計で安心です。丈夫な4寸(120mm)柱を標準で採用しています。

 こだわり

【5つの住環境対策】 

シックハウス症候群の原因とされる物質を極力排除した材料(木材、内装材、接着剤等)の使用と、お引渡し前に室内のホルムアルデヒド数値検出検査を全棟実施しています。

採風を考えた各部屋の窓の配置と家全体の空気の循環を考えた吸排気設備、通常より約20cm高くなったリビング天井とプロペラファン付照明で室内空気を拡散します。

冷暖房効率や清掃面も考慮し、極力吹き抜け部を抑えつつ階段はリビングを通過するなどお子様とのコミュニケーションを重要視しています。また、キッチン→洗面室などの使い勝手の良い家事動線や収納を充実させた設計を心掛けています。

断熱性が高く結露しにくい内側表面樹脂の高断熱複層窓サッシの採用で、外気との温度差を軽減し室内で起こるヒートショックを抑えています。また、結露によるカビの防止や防カビ仕様の壁紙を採用しています。

2F床全面に4mm厚の防振のゴムを敷き詰め、1F天井を吊る鋼製金物に防振吊り木を採用することで、2階から1階への騒音や振動を軽減し静かな室内環境を実現しています。