カーペンターホームの家

<ZEHカーペンターホームの家>

太陽光発電システム
<1F>
ZEHカーペンターホームの家1F
<2F>
ZEHカーペンターホームの家2F

ZEH基準の家で太陽光発電システムを実質0円で設置!
※別途、電力会社との契約が必要になります。
 
ZEH基準超えを標準とし、全国一律設定ではなく地域特性に合わせた無駄のない省エネ住宅を自由設計で。
 
「耐震構造」「省エネルギー」「健康な住環境」を兼ね備えた自由設計仕様
 

<子育て世代の家>

子育て世代の家パース
<1F>
子育て世代の家1F平面図
<2F>
子育て世代の家2F平面図
 

 創業時から「子育て世代にこそ、賃貸アパートではなくマイホームを持ってもらいたい」という想いがあります。
 
 慎重に資金計画を立てて無理のない返済計画を組むことで、月数回の外食や、年数回の旅行やディズニーランドにも行けることでしょう。
そんな当たり前の生活を家を建てた後も出来る、身の丈に合った家づくりをお勧めしています。
 
 掛け替えのない「子育て世代」の時期は、あっという間に過ぎてしまいます。
お子さんの成長の変化を感じながら、親子一緒に「共育」が出来たらこんな嬉しいことはありません。
 

<なごみの家>

なごみの家パース
なごみの家平面図
 

 近年、平屋建てを希望されるご家族が大変増えました。
しかしながら、同じ規模の平屋建てと総二階建てを比較すると、坪単価は圧倒的に平屋建ての方が不利になってきます。
その要因は、単純に基礎と屋根の面積の違いになります。
 
 とは言え、平屋建てにはフラットに生活ができる利便性がとても大きいです。
また、2011年に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の長周期地震では、平屋建ての被害が少なかったことも普及した一因のようです。
 
 「住み易い平屋建て」「天井の梁を見せた平屋建て」「デザイン性の高い平屋建て」
そんなご要望にもお応えして、ご提案させて頂いております
 

<夫婦の家>

夫婦の家パース
夫婦の家平面図
 

 人生100年時代と言われておりますが、出来ることならいつまでも健康でいたいものです。
しかし、こんな統計があるのをご存じでしょうか。
 
 自宅で不幸にも亡くなる方の数は、交通事故で亡くなる方の数の4.2倍にもなるそうです。
その原因のベスト3が、「溺死」「窒息死」「転倒・転落」。
その内の約40%を占める溺死の原因は、「浴室内でのヒートショック」です。
これは、家自体の断熱性と気密性に問題があることが考えられます。
 
 皆、「いつまでも健康で長生きしたい」と思うのは一緒です。
私たちは、そんな安全な暮らしが出来る”夫婦の家”をお勧めしています。
同時に資産価値の高い”不動産”を残してこそ、後の為に有効活用が計られるのではないでしょうか。
 

<アメリカンキューブの家>

アメリカンキューブパース
<1F>
アメリカンキューブの家1F平面図
<2F>
アメリカンキューブの家2F平面図
 

 アウトドア志向が高まる昨今ですが、そんな趣味を家づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
 開放的なオープンスタイルでありながら、プライバシーも守られている間取り。
家の中でハンモックが出来たり、趣味のものを壁に掛けたり出来る造り。
無垢材のぬくもりが感じられ、体に害のない材料を使用した健康的な家。
憧れの薪ストーブなど・・・
 
 自由気ままにオーダー設計でお応え致します。VRで確認する
 

<テレワークする家>

テレワークする家パース
テレワークする家1F平面図
テレワークする家2F平面図
 

地域型のオフィスは家族と趣味も共有できるこれからのワークスペース
満員電車や車の渋滞など、通勤は何かとストレスが溜まります。
アフターコロナでは、働き方や生活スタイルが一変しました。
自宅にいながら仕事が出来る環境が整えば、家族と共有できる時間も多くなります。
 
コロナ禍から学ぶ
家で仕事をする場合、一番困るのはスペースが無いことです。
オンラインでの部屋の映り込みや、家族の声が入るなどの問題があります。
その為の、ワークスペースやオンライン環境を考えた設計になります。
また、外出先から家に戻った時、すぐに手洗いうがいのできる設備の設置。
光熱費が上がらない様にするパッシブを取り入れた設計など。

自然環境を活かした住まいこそ、アフターコロナで必要と考えます。 
 


安全な耐震構造ロゴ

 耐震等級3

【耐震性能】建築基準法で定める基準の1.5倍以上の耐震等級3になる様に構造計算をしています。その為には、家の外周壁に従来の「筋交い」を使わず、OSB合板を貼ったモノコック工法を採用することでより耐震化されています。また、断熱複合パネルなので工期短縮にも貢献し、合わせて制震工法より小予算で設置が可能です。

 

快適省エネロゴ
  

UA値(外皮平均熱貫流率)0.46~0.56以下 
Q値(熱損失係数)1.32以下

 
【断熱性能】高性能断熱パネルで建物外周を覆うことで、室内の温度差を低減させ冬場に起こるヒートショックを和らげます。最も熱損失の多い窓には、Low-e(高断熱)複層ガラスを全窓標準装備しているので冬暖かく夏涼しく快適です。

カーペンターホームの高気密高断熱の家

 【パッシブ住宅の考え】統一された企画量産型住宅では難しいパッシブの考えを、一棟一棟ごとに検討しています。季節によって変わる日射角度、夏の日射の遮へい、冬の日光の取り込み、自然風の道づくりなどプラン設計段階から検討していきます。
 

 
 

安心の住環境ロゴ

C値(相当隙間面積)0.5以下

 

【熱交換型換気システム】現在、交通事故が原因の死亡数よりも圧倒的に多いのが屋内で起きている”ヒートショック死”です。その対策として、熱交換型換気システムを設置することで、室内外の温度差を10%までに抑えることが可能です。

 
熱交換型換気システム

【シックハウス対策】

安心してお住まい頂ける様に、お引き渡し前にシックハウス検査を”全棟実施”しております。専門の検査員が検査薬と測定器を使い、室内空気中の有害物質ホルムアルデヒドなどの濃度がWHO(世界保健機構)が定める安全基準0.04PPM以下であることを確認します。
建材内装材には、JASの定める安全基準値内最上位の(F☆☆☆☆)の集成材、合板、壁紙、塗料、接着剤、設備機器など10品目以上に採用されております。

 
 
シックハウス検査

【VRを用いたLOHAS(ロハス)なご提案】

当社は、モデルハウスを持ちません。膨大な経費がかさむのは当然ですが、たとえモデルハウスだとしても10年程度で解体して建替えることが循環型社会に合った方法とは思えないからです。そこで住宅版VRを活用し、マイホームの仮想体験をして頂いております。モデルハウスによくある「見る家」と、実際に「住む家」は違うものです。設計と連動したVRシステムをご活用頂き、自分たちにあったオリジナルのマイホームを建てる前に体感することをご提案致します。

カーペンターホームVR
 
カーペンターホームVR

【360度ルームツアー】

実際のカーペンターホームの家をWEBで見学してみよう!
家に居ながらお家を見学出来るから、気軽で安心安全!
360度全方向カメラで撮影されているから臨場感も抜群です!

カーペンターホームVR

【標準住宅設備】

カーペンターホームの家は、全てオリジナルプランの注文住宅になります。
ご希望に合わせたプランのご提案を致します。
 
価格は、坪単価設定にて標準住宅設備の仕様を決めさせて頂いております。
各設備のご案内は、動画にてご紹介していますので是非ご覧ください。
 
 

カーペンターホームVR

いま「人生100年時代」と言われる長寿社会を抑え、健康で長生きしやすい住環境が求められています。これまでのような冷暖房機械に全てを頼るのではなく、新築時の性能を長持ちできる家こそランニングコストを抑えられるエコロジーで長期価値のある家です。
 
大量消費時代は終わりました。社会と共存しながら個性を発揮できる生き方こそ豊かな人生を送れると私たちは考えます。そんな家づくりを応援します!
 

ファミリーイラスト